アテニア/アイクリームの実体験口コミ!若見えの真実を大暴露!

見た目年齢-10歳を実現し、目元の様々な悩みに効果抜群と話題のアテニアのアイクリームを実体験!若見えと口コミの真実を大暴露しました!
MENU

目の下のたるみが老け顔の原因!?アテニアのアイクリームでセルフ解消法と永久施術で若見え-10歳を実現!

老け顔の原因となる目の下のたるみには、皮膚のむくみによって生じるものと加齢に伴う眼輪筋と言われる部分の衰えにより脂肪の垂れ下がりによって生じるものがあります。皮膚のむくみが原因のものはむくみを取ることで、加齢が原因のものは眼輪筋を鍛えたり衰えにくくしたり、ヒアルロン酸注入や切開によるたるみ取りなどの美容整形で解消するなど様々な解消法で実現可能です。

 

「目のくぼみ」その原因はむくみや筋肉の衰え?

顔が老けて見えたり、疲れたように見えたりする大きな原因となる、目の下のたるみ。
一見したら普段と変わらなく、たるんでいるようには見えない目元付近でも、じつは多かれ少なかれ皮膚のたるみを生じていることが少なくありません。
加齢によるものはが大半のケースですが、若い人でも生活習慣の乱れから皮膚のむくみによって目の下がたるんでしまうことはあるし、年齢に関係なくたるみを生じるケースもあるんです。

 

目の下のたるみには、「皮膚のむくみによるたるみ」と「加齢によるたるみ」という、大きく分けて二通りのものがあります。

  • 皮膚のむくみによるたるみ

朝の寝不足後や飲酒後などで血行不良の状態だったり、水分や老廃物の排出が不十分で溜まっていたりすると、目の下の皮膚がむくんでたるんで見える原因となります。

 

  • 加齢によるたるみ

加齢によって眼球の周囲にある眼輪筋(がんりんきん)と呼ばれる筋肉が衰えると、眼輪筋によって支えられていた目の下の脂肪が重力に従って下がってくることによって、たるみが生じます。
ぱっちり二重等で目の大きい人はとくに眼輪筋がゆるみやすく、若いうちからこうしたたるみを生じやすく悩んでいる人も多いといわれています。
さらに、たるみを生じる部分の下の皮膚は歳とともにハリとうるおいを失って痩せくぼんでくるため、上部のたるみを強調する原因となります。

 

目の下のたるみを解消し、若見え-10歳を実現し印象的な目元の女性に大変身♪

目もとを温める&ツボ押しマッサージ

目もとのむくみを解消する目の下のたるみ解消法は、冷たいタオルと温かいタオルの両方を使用しての血行促進。
目の下のたるみ解消だけでなく、目の疲れや目の下のクマの解消にも効果が期待できます。
「朝、目がパンパンのときは迷わずこれで解消します!」「むくみがすっきりするし、目の周りが軽くなったような感じがしてすごくすっきりと気持ちが良い♪」
すでに実践している人も多い、目の下のむくみの解消法です。

 

実践方法

冷たい水で絞った冷たいタオルと、濡らして1分ほどレンジで温めた温かいタオル20秒ずつ交互に目もとに当てるのを繰り返します。

 

目が温まったらツボ押しマーサージをしていきましょう!

  1. 目頭に人差し指の腹を当てます。
  2. 目尻の斜め下の骨のくぼみにある「救後(きゅうご)」というツボを通って、目尻に向かい軽くはじくように押します。
  3. 5回くらいを繰り返します。

テレビやスマホを見ながらなど、手が空いているときに気軽にできるので忙しい朝なんかにも最適です。

 

他にも目の下のたるみとむくみに効果のあるツボはあります。一つは、目の下の骨のすぐ上にある「承泣(しょうきゅう)」というツボです。このツボは、目の下のたるみを取るのに効果的なツボだといわれています。この承泣を押すことでも目の下のたるみを解消することができます。

 

また、冷やした牛乳やお茶をコットンに浸して、目の下をパッティングするのも効果的だといわれています。普段の生活においては、十分な睡眠を取ったり、魚やレバー、ニンジン、ジャガイモ、大豆などの、目に良いといわれている食品を意識して摂ったりすることも、たるみの改善につながるでしょう。
また、この目の周りのツボ押しマッサージで、目の下のむくみの大きな原因となる老廃物の排出を促します。
むくみの解消にも有効です。
「目の周りの皮膚が張ってるような感じがなくなる」「折に触れてやっていたらクマが薄くなってきたような気がする」定期的にこのマッサージをおこなうことで、むくみを解消する効果を実感できている人も少なくないようです。

 

眼輪筋を弱らせないための目もとケア

これはどちらかというと、目の下のたるみ解消法というよりも予防対策法です。
どれも普段から顔全体の皮膚に対して心がけている人が多い内容かもしれませんが、目の下の皮膚にダメージを与えたりハリやうるおいが失われないように気をつけたりすることで、たるみの予防にもつながります。

 

紫外線に晒さない

紫外線は眼輪筋の筋肉組織の破壊の原因になります。
目もとは日焼け止めのムラができてしまいやすい箇所ですが、UV対策は隅々までしっかりとおこないましょう。

 

なるべく刺激を与えない

筋肉組織は刺激を与えることで破壊され、弱くなっていくもの。
やたらと目の周りをこすったりして、眼輪筋に不要な刺激を与えないようにしましょう。
マッサージをおこなう際には、クリームなどで指先の滑りをよくしたうえで、力加減を調節しながらおこないましょう。

 

肌のコラーゲン量を増やす

筋肉を支える役割を果たすコラーゲン量を増やすことで、眼輪筋の衰えと目の下の皮膚からハリが失われてくぼんでしまうのを防ぐことができます。コラーゲンの原料となるのは御存知の通りアミノ酸です。特にこのコラーゲンの生成に大きく影響するの植物性タンパク質は、鳥のむね肉や豚肉、小麦製品、大豆製品、乳製品などにとくに多く含まれているので、これらの食品を積極的に摂るようにするといいでしょう。
また、体内でコラーゲンを合成する際にはビタミンCが必要になるので、かならず一緒に摂るようにしましょう。
ドリンクやサプリメントなどでコラーゲンそのものを摂取してもいいのですが、体内で分解されてしまうため、そのままの状態で吸収されることはほとんどないという報告もあるようです。

 

目の下のたるみ解消の切り札がヒアルロン酸注入

注射器でヒアルロン酸を注入することで肌にふくらみを与えるプチ整形、「ヒアルロン酸注入」で目の下のくぼみを埋める、目の下のたるみ解消法です。

ヒアルロン酸注射の効果と特徴は?

では、目の下のたるみのトラブルに、なぜヒアルロン注射が効果的なのでしょうか?
ヒアルロン酸には、肌細胞に潤いとみずみずしさを与え、ハリのあるお肌を取り戻す効果があります。ヒアルロン酸はもともと人間の体細胞の中に存在している成分で、細胞と細胞とを繋ぐ役割を担っています。この繋ぐ力が、ハリや弾力に繋がっているわけです。

 

そのため、ヒアルロン酸を注入する方法であれば、自然な形でたるみを取り除くことができるのです。たるみとくぼみを解消することで、陰になってできていた黒くまも一緒に消えるという嬉しい副作用が。
また、心配に思われがちなんですが、ヒアルロン酸はもともと身体にある成分なので、安全面での心配は必要ありません。注射による注入であれば、短時間かつ簡単に済ませられるため、外科手術のようなリスクもありません。
注射針を使うため、腫れや内出血というリスクがないわけではありませんが、技術の進歩によってそのリスクもかなり低くなりました。万が一問題が起きたとしても対処法がしっかり確立されているため、心配はありません。

 

目の下のたるみ取り解消施術

すでに生じている加齢によるたるみを一番てっとり早く確実に解消できる方法は、美容整形による目の下のたるみ解消です。施術内容は目の下の皮膚を切開して不要な脂肪と皮膚の一部を切除し、縫合するというもの。
手術痕は下まつ毛の下を切開するので比較的目立ちにくく、また、まぶたの裏側から切開する施術をおこなった場合には外から見えません。
目の下の脂肪を物理的に取り去ることで、たるみを確実に解消できるのが切開によるたるみ取りの強みです。
皮膚にメスを入れるのでどうしても傷跡は残りますが、取りたいたるみの規模によっては傷跡が表に出ないまぶたの裏側からの切開も可能です。
施術を受けるのにそれなりに費用がかかる(手術料の目安は20万~60万円ほど)のと、一定期間、目の下に腫れや内出血が出るダウンタイムを生じるたり、一度手術を受けたらやり直しがきかないというリスクもありますが、効果は半永久的に継続できるので余計な悩みからは解消されるでしょう。

 

 

目の下のたるみを解消し、第一印象で差をつけられる若見え-10歳を実現しましょう♪

目が下がたるんでいるとそれだけで年齢がぐっと上がって老けた印象を与えてしまいます。でも、目のたるみはきちんと原因を理解して、ケアしていくと加齢に反比例してずっと印象的な目元を継続出来ることが可能です!
逆に気付くのが遅かったり、諦めて何もしないと加齢により、どんどん真皮の下の保湿成分は維持できなくなってきますし、目の周りの筋肉も衰えるのが早いし、そうなれば元通りにすることも困難になります。

 

最終的に施術による目の下のたるみとりも効果抜群ですが、不安も伴うのでカウンセリングでは、患者さん自身が自分の言葉で、どの部分をどうしたいのかを鏡を手に説明してくれるクリニックを選択しましょう。すると、院長がその症状の原因などを詳しく説明してくれ、どうすれば解消できるのか提案してくれます。もちろん、手術のリスクも詳しく解説してくれますし、疑問を投げかければ丁寧に答えてくれます。その上で患者さんが自らが、手術の方法を選ぶというスタイルなのです。参考にされば幸いです。

 

こういった対応の中に、目の下のたるみについて本気で悩み方への、細やかな心配りを感じることができます。

 

また、困ったアイクリーム選びにはアイクリームランキングから売れてるものを選べば間違いないでしょう♪

 

人は様々な化粧品グッズと美容関連情報に囲まれつつ、年中無休で入念にスキンケアを実施しています。そうは言っても、それ自体が適切なものでないとしたら、残念ながら乾燥肌に陥ることもあり得るのです。

年間を通じて肌が乾燥すると苦慮している方は、保湿成分豊かなボディソープをセレクトすべきでしょうね。肌のことを思うのなら、保湿はボディソープのチョイスの仕方から気を配ることが必須です。

「ここ数年、どんな時も肌が乾燥しているようで、気になってしょうがない。」ということはないでしょうか?「普通の乾燥肌でしょ!?」と放ったらかしにしておくと、重症になって大変な目に合うこともあり得るのです。

現在のヤング世代は、ストレスを抱えたままということが多々あるので、ニキビ治療用の洗顔フォームや化粧水を使用しているのに、全く改善しないと言われる方は、ストレスを発散できずにいることが原因だと想定されます。

乾燥状態になりますと、毛穴の周辺の柔軟性もなくなってしまい、閉まった状態を維持することができなくなるのです。そうなりますと、毛穴に化粧の取り残しや汚れ・雑菌というようなものが詰まった状態になると聞いています。


「日焼けする場所にいた!」と頭を悩ましている人も問題ないですよ!だけど、理に適ったスキンケアに取り組むことが必須要件です。でもその前に、保湿に取り掛かってください!

多くの場合、シミは新陳代謝のため皮膚表面まで押し上げられることになり、間もなく消え失せてしまうものなのですが、メラニン色素が異常発生的に生成されますと、皮膚に残ることになりシミに変身してしまうのです。

鼻の毛穴で苦労している人は多いのではないでしょうか?顔の中でもとりわけ皮脂が貯まると言われており、暇さえあれば爪で掻き出したくなりますが、鼻の表皮が損傷することになって、くすみを誘発することになってしまうでしょう。

モデルさんもしくはフェイシャル施術者の方々が、ホームページなどで公表している「洗顔しない美容法」を閲覧して、興味深々の方も多いでしょう。

今日では、美白の女性が良いと断言する方が大部分を占めるようになってきたのだそうですね。そんな背景もあってか、大部分の女性が「美白になりたい」と切望していると聞かされました。


同年代の仲間の中にお肌がツルンとしている子がいると、「何故私ばっかり思春期ニキビに苦しめられるのだろう?」「どんな手入れをしたら思春期ニキビは解消できるのか?」と思い悩んだことはおありでしょう。

入浴後、ちょっとばかり時間が経過してからのスキンケアよりも、皮膚上に水分が残存しているお風呂から上がった直後の方が、保湿効果はあると言って間違いありません。

今から10年くらい前の話しですが、シート状の毛穴パックが世に浸透したことがありました。旅行などに行くと、友人達と毛穴から引き抜いた角栓を見せ合って、ギャーギャー騒いだことを思い出します。

敏感肌と申しますのは、生まれながらにしてお肌に具備されている抵抗力がダウンして、効率良くその役目を担えない状態のことであり、諸々の肌トラブルに陥る可能性が高いのです。

「美白化粧品と申しますのは、シミが発生した時のみ付ければよいというものじゃない!」と頭に入れておいてください。常日頃のお手入れで、メラニンの活動を阻害し、シミに対抗できるお肌を保つようにしてください。

 

 

 


このページの先頭へ